「チアダン」ドラマ伊原六花出演もレギュラーメンバーでない訳とは?





「チアダン」ドラマに伊原六花さんの出演が決まっています。

 

但しレギュラーメンバーには含まれていません。

今や売れっ子の井原六花さんは何故レギュラーメンバーではないのでしょうか?

 

レギュラーになれなかった理由を探りお知らせします。

 

「チアダン」ドラマで伊原六花の役割

 

「チアダン」ドラマで伊原六花女優デビュー

 

バブリーダンスで話題となった伊原六花さんが、ドラマ「チアダン」で女優デビューすることが決定しました。

登美丘高ダンス部のキャプテンを務めていた伊原六花さん。

昨年は、各テレビ局で登美丘高ダンス部のバブリーダンスが取り上げられていましたね。

 

伊原六花さんは今年の3月に高校を卒業したばかりで、これからは主に女優として活動していくようです。

 

女優としてどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですが、女優としての仕事が決まってまずは順調なスタートです。

しかも得意なダンスを生かせるドラマなので、いきなり見せ場を作れそうですね。

スポンサーリンク



 

ちなみに伊原六花さんの出演が決まったドラマ「チアダン」とは、2017年の3月に公開された映画のドラマ化です。

 

広瀬すずさん主演で話題となった作品ですが、映画から数年後が舞台となったオリジナルストーリーになっています。

 

>>広瀬すず主演の映画「チア☆ダン」無料視聴はこちら<<

 

「チアダン」ドラマで伊原六花のダンスに注目

 

伊原六花さんの役柄は、主演の土屋太鳳さん演じる藤谷わかばの後輩で麻生芙美(あそうふみ)を演じます。

後輩という立場もあってか、意思表示がうまくできず、周囲の思いに板挟みになってしまう役柄です。

 

難しい役柄かもしれませんが、女優としての適正を問われるのは必須なので乗り越えてもらいたいです。

 

伊原六花さんは女優としては全くの未知数なわけですが、初めてだから大目に見てもらえるわけではありません。

 

演技に対して周りの目は厳しいと思いますし、今後のオファーのこともあるので下手な演技はできません。

でも、伊原六花さんにとってラッキーだったのは、得意とするダンスをドラマで披露できることです。

ダンスなら自信を持って撮影に臨めるわけだから、その相乗効果で演技にも好影響がありそうです。

 

ドラマ放映の7月に向かって既に土屋太鳳さんとも一緒にダンスに取り組んでいるようです。

土屋太鳳さん自身もダンスが得意なので、伊原六花さんとのドラマでのダンスの共演は見ものです。

 

>>「チア☆ダン」映画 無料視聴のご案内<<

 

「チアダン」ドラマで伊原六花の強みは現役女子高生に近いこと

 

スポンサーリンク




もうひとつ、伊原六花さんにとって幸運だったことがあります。

ドラマ「チアダン」は、女子高校生のダンスがテーマとなったドラマです。

つい最近まで実際に女子高生だった伊原六花さんにとっては、殆ど自然体で演技に臨めるわけです。

 

伊原六花さんのちょっと前の状況を思い出してそのまま表現すればリアルな女子高生を演じられます。

 

土屋太鳳さん始めレギュラーメンバーの中には20代中盤に差し掛かっている人もいます。

 

この人たちがリアルな女子高生を演じることが出来るのか?話題にもなっている中、伊原六花さんの立場は有利です。

今後の伊原六花さんの女優人生が左右されるかもしれないデビュー作です。

 

ついこの間高校生だった利点を生かせば、女優として経験豊かな他のレギュラーメンバーと遜色ない演技が出来る立場でもあります。

 

むしろリアルな女子高生を考えれば他のメンバーより抜きんでることが出来るかもしれないのです。

女優デビューとしては最高の舞台が揃ったわけなので、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

 

「チアダン」ドラマで伊原六花の立ち位置

 

「チアダン」ドラマデビュー伊原六花の批判

 

伊原六花さんの芸能界デビューが決まってから、一部の方から批判の声が出ています。

「一般人だから注目されたのに、勘違いしてるんじゃない?」なんて事情を知らない人からの声が出ています。

 

伊原六花さんは2017年に社会現象となった『バブリーダンス』を踊った登美丘高校のキャプテンとして話題となりました。

話題になってからすぐにスカウトされちゃったものだから、批判されてしまったようです。

 

何せ、荻野目洋子さんも、『ダンシング・ヒーロー』で再ブレイクをしてしまうほどの影響力がありましたからね。

伊原六花さんはパッと出てパッと注目されたように思えますが、実は子供のころから活躍していたんです。

 

伊原六花さんは、元々女優に憧れていたということで、幼い頃から子役としても活動していました。

 

伊原六花の経歴

 

スポンサーリンク




2008年から2012年にかけて、フリーランスで活動し、子供ミュージカルに出演しています。

 

2012年に劇団アークス主催のミュージカル「ズボン船長」のオーディションに合格し生徒役で出演しています。

2013年から2015年は、同「ズボン船長」に続投し、ジョジョ姉役に3年連続で採用されています。

子役の頃から、ミュージカルや、舞台に携わりそれなりに実績を残しています。

 

芸能界本格デビューに関しては、ただの幸運ではなく伊原六花さん自身のいままでの努力が実を結んだ結果なんです。

 

伊原六花の今後

 

伊原六花さんの今後の活動はどうなっていくのでしょうか?

 

話題を集めてのデビューなので、事務所も売り込みに躍起になるでしょう。

スポンサーリンク



かなり力を入れて売り込んでいくのは間違いないです。

女優業だけでなく、バラエティー番組にも積極的に顔を出すよう仕向けて行きそうです。

そんな折、女優として本格的に参戦するのは、2018年7月放映のドラマです。

 

目標とする女優は、”宮崎あおい”さんと常々言っており、「どんな役でも演じられる女優さんになりたい」がモットーです。

 

何といってもまだ駆け出しの女優なので、目の前の仕事をひとつひとつこなしていくことで未来につながります。

いくら子供のころから経験があるといっても、真の評価はこれからです。

 

「チアダン」ドラマで伊原六花は準レギュラー

 

「チアダン」ドラマのレギュラー8人に比べて格段に実績面では劣っているのは明白です。

表紙を飾るようなレギュラーになれなかったのは当然で、現在の力関係なら仕方のないことです。

 

伊原六花さんは話題性が強かっただけに、「チアダン」ドラマのレギュラーになれなかったのは一見不思議な気がします。

スポンサーリンク



ただ、他のメンバーはそれぞれ実績があるので、今は格下扱いは仕方のないことです。

ということで話題性があっても伊原六花さんがレギュラーになれない理由はお分かりですね。

でも伊原六花さんは伸びしろがいっぱいあるので、今後は先輩たちを追い抜く存在になるかもしれません。

伊原六花さんの今後の活躍に注目です。

 

まとめ

 

バブリーダンスの伊原六花さんが、「チアダン」ドラマで女優デビューすることが決定しました。

 

伊原六花さんの女優デビューに対して、勘違いしているとの批判があります。(ダンスで有名になっただけ)

伊原六花さんは女優になるのが夢で子供のころからミュージカルに出演しています。

 

伊原六花さんは、バブリーダンスで有名ですが、「チアダン」ドラマではレギュラーに選ばれていません。

 

伊原六花さんは、実績がないのでレギュラーメンバーには選ばれていませんが、今後期待されている女優の一人です。

 

>>広瀬すず主演の映画「チア☆ダン」無料視聴詳細はこちらから<<

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です