「この世界の片隅に」2時間ドラマの芦田愛菜演出失敗から学ぶこと





2018年7月より日曜夜9時からTBS系で話題のドラマが放映されます。

 

話題のドラマとは松本穂香主演「この世界の片隅に」です。

 

実はこのドラマは日テレ系で2011年に2時間ドラマとして放映されています。

 

子役として大ブレークした芦田愛菜さんが出演していました。

但し、このキャストが大失敗だったのです。

 

いったいどんな失敗だったのか?失敗から学ぶことはどんなことなのか?

詳しくお伝えしますので最後まで読んでいただけると幸いです。

 

「この世界の片隅に」ドラマ出演した芦田愛菜の近況

 

天才子役として、ドラマ、バラエティ、歌手として大活躍していたあの人は今どうしている?

そう、あの人とは芦田愛菜さんのことです。

最近テレビで見かけませんが、以前はテレビで見かけない日はないぐらいでしたね。

 

芦田愛菜さん、現在は中学生になり勉強に専念するため芸能活動を自粛していているようです。

でも、本当の理由は勉強の為なのでしょうか?理由があって干されたという噂もあります。

 

それだけに芦田愛菜さんがメディアから姿を消してしまった本当の理由が気になります。

 

巷で言われている勉強のためだったらいずれ芸能界に復帰するはずです。

芦田愛菜さんは急ピッチで成長しているはずで、自我も当然芽生えているでしょう。

芸能界を違った角度から冷静に見れるようになったと言うことも理由のひとつ?

 

子役時代は、自分の意志より大人たちの事情で、子供でありながら踊らされていたと感じていたのかもしれません。

 

頭のいい子だから、呑み込みも早く空気を読み取る力にも長けていたのでしょう。

 

芦田愛菜さんみたいな賢い人はどこの世界で働いてもトップの成績で生きていけるでしょう。

数年後、芸能界復帰したら、テレビに出ずっぱりで芦田愛菜さんの黄金時代が再びやってくるかもしれません。

 

ただ、どの方角をめざすのか?成長した芦田愛菜さんなら、自分の意志で自分の道を歩んで行けるはずです。

 

「この世界の片隅に」2時間ドラマキャスト失敗から学ぶこと

 

「この世界の片隅に」ドラマ出演した芦田愛菜の役は戦災孤児

 

そんな芦田愛菜さんですが、2011年に放映された「この世界の片隅に」の2時間ドラマに出演しています。

ドラマの最後の方にちらっと出てくるのですが、セリフはありません。

 

こんな有名な子役をなんでこんなちょい役で出すのか?と思いました。

芦田愛菜さんは原作にも出てくるキャラで、お母さんと一緒に被爆してしまいます。

母は原爆投下で爆風やそれによって飛ばされてきたガラス片などを一身に受け子供を守ります。

 

母親のおかげでほとんど怪我をすることもなく生き残り、原作ではヨーコという名で物語に登場します。

 

主人公のすずも爆弾と自分の間にいた義姉の子である晴美の犠牲のもと命を救われています。

母親はしばらくヨーコの手を引いて歩いていましたがやがて動かなくなります。

戦災孤児となったヨーコは腐敗してゆく母親のそばを離れざるをえなくなります。

 

「この世界の片隅に」芦田愛菜の戦災孤児はミスキャスト

 

そして、焼け野原となった広島の街をさまよいますが、偶然すずと周作に出会います。

 

女の子は1人さまよっている時におにぎりを盗もうとしますがお母さんと同じ様に右腕の無いすずに気がつきます。

そしてすずの右腕にそっとしがみつきますが、本当のお母さんが爆発で右腕を失ったことを思い出したのです。

 

原作では右腕の無いお母さんをもう放さないようにと必死にしがみついてる場面です。

この戦災孤児の登場場面はほんの一部しか描かれていないのに、なぜ芦田愛菜さんを使ったのか?

 

芦田愛菜さんを使うなら、義姉の子である晴美の役をやらせるべきでしょう。

完全なミスキャストなんですが、なぜこのようなことになってしまったのでしょうか?

 

制作側の人間が、見る側の立場に立って制作していないということが浮き彫りになりました。

 

「この世界の片隅に」2時間ドラマはミスキャストだらけ

 

芦田愛菜さんが出るという宣伝をしておきながらあれしか出てこないことに納得いかない人は多いはずです。

 

適材適所という言葉がありますが、このドラマは全般的にミスキャストが目立ちます。

主役の北川景子さんにしても、演技の方はそれなりに頑張っていましたが明らかにミスキャストです。

 

原作に沿った主人公すずは、もっと鈍くさくておっとりしていて、平凡さが漂う女性です。

北川景子さんのような美人で利発そうな女性とは正反対です。

 

また、すずの幼馴染の哲は速水もこみちさんが演じていましたが、これも原作のイメージとはかけ離れています。

速水もこみちさんは背が高くてハンサムで、都会的なイメージでなので、違和感がありました。

 

「この世界の片隅に」から思うこと、ドラマも会社も適材適所が屋台骨

 

それで極めつけのミスキャストは芦田愛菜さんです。

 

正直あの程度の出演なら、有名子役の芦田愛菜さんを使う必要ありません。

その辺りにいる名もない平凡な女の子で十分で、人の使い方が下手なダメ会社を見ているようです。

 

芦田愛菜さんは有名子役だからギャラだって安くないはずです。

なんで仕事ができると言われている人が、窓際部署で仕事をしているんだろうか?

逆に実績もなくて功績もない、ないないづくしのあの人が何故出世したのだろうか?

人を適材適所で使うことによって、会社組織は活性化します。

 

自分の周りに起こっている理不尽なことがこのドラマでも起こっています。

会社経営をに担うトップの人たちには反面教師としてこのドラマを観てほしいです。

 

会社組織もドラマのキャストも人を適材適所で使えるかどうかで、結果が違ってくるのです。

 

「この世界の片隅に」秘められた思いとは?

 

「この世界の片隅に」芦田愛菜演じる孤児は養女となる

 

芦田愛菜さんが演じた戦災孤児はドラマの最後に出てきます。

出演時間こそ短いけどこの物語の重要なテーマを担っています。

 

すずが 駅で座っている時、後ろからそっと来ておにぎりを盗もうとします。

戦災孤児がすずの近くに寄っていったのは右腕がない姿を見て母親を思い出したのです。

 

すずと周作は、この戦災孤児を呉につれて帰り養女とします。

すずの義姉の径子、すず、養女の女の子が洋服を着て笑いあう場面はほっとする瞬間です。

 

「この世界の片隅に」大切な人を失ったその後の人生と戦後は?

 

三人の女性はそれぞれ大切な人を失った人たちです。

 

径子は娘を、孤児は母を、すずは右手とすずの実家の人たちを失い悲しみは計り知れません。

そんな中、血の繋がりのない三人が一つの家族となって笑顔で暮らしている姿は心温まります。

ですが、この家族がその後どのようになっていくのかは描かれていません。

 

戦争は終わったけど、貧しさゆえ厳しい生活が待っていると想像はできます。

すずにしても右手がないだけにハンデがあります。

養女にしたって原爆投下で放射能をいっぱい浴びているので健康が気になります。

 

原爆投下から70年以上経った今でも、放射能の影響で必死に闘病している方が沢山いるのも事実です。

 

戦争はとっくに終わったけど戦争の爪痕は今もなお現在進行形で存在しているのです。

 

「この世界の片隅に」孤児を通して伝えたいこと

 

「この世界の片隅に」の原作は本当に奥が深い名作だと思います。

 

人それぞれ感じ方は違うと思いますが、私が一番感じたのは「失うものもあるけど得るものもある。」

 

「失って悲しんでばかりいてもだめですよ、前を向いて歩きなさい」そんな思いを感じます。

 

すずは絵を描くのが好きで絵を描くことによって自分を表現し、世界を愛そうとしていました。

ところが右手を失って絵を描くことが出来なくなってしまったのです。

そんな右手のないすずを見て孤児は右手のない母親を思い出したのでした。

 

右手がないことで出会いがあり、孤児は生き延びるのです。

すずとの出会いがなければ、孤児は生きていけなかったであろうことは想像がつきます。

 

この孤児からのメッセージは作品の中でも重要な立ち位置だと思います。

ただもっともっと他にも伝えたいメッセージはあるのかなと思います。

 

何回も原作を読み、何回もアニメ映画を観る、そうすることで新たな発見もあるはずです。

2時間ドラマでは、名子役の芦田愛菜さんを生かし切れていませんでした。

 

2018年7月から放映されるドラマでは、孤児をどう描くのでしょうか?

 

また、原作やアニメ映画のような奥深さを演出できるのでしょうか?

 

楽しみでもあり期待もしています。

 

「この世界の片隅に」のドラマ&アニメを無料で見る方法

 

「この世界の片隅に」北川景子さん主演の2時間ドラマや評価の高いアニメ映画を無料で見れる裏技をそっと伝授しますね。

動画配信サービスを上手に利用して、無料期間中に見たい作品を無料で見終わらせて解約してしまうという方法です。

動画配信サービスは無料期間がさまざまですが、長い動画配信サービスは、最大31日間料金がかりません。

無料期間中に解約・退会すれば料金は一切かかりません。

 

1.Hulu

 

Huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。

月額933円(税抜)で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能!
数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組をご用意してあなたをお待ちしております!

▼Hulu 4つのポイント

1、人気映画・ドラマ数千時間以上!!

海外ドラマシリーズをはじめ、邦画や、
昔懐かしの長編映画や韓国テレビ番組など
数千本以上のコンテンツが満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきをスマートフォンで楽しめます!

3、まるで映画館!驚きの高画質!

インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

4、無料お試し期間が終わっても、
月額933円で全て見放題!

無料お試し期間が終わっても、全てのコンテンツが、
月額933円で見放題!月に何本もレンタルする方は
huluがおトクかも!? もちろん、
いつでも無料で解約できるので、安心してご利用いただけます。

2週間無料お試しはこちら

 

2.U-NEXT

邦画の作品数なら全動画配信サービス中トップクラス

U-NEXT〜日本最大級の動画サービス〜
今なら31日間無料トライアル実施中!

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、120,000本以上配信しています!
※見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本(2018年4月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

◆31日間無料トライアルの特典◆
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です!
一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。
最新作はレンタル配信(個別課金)となります。

2 600円分のポイントプレゼント!
DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や
最新コミック・書籍の購入に使用可能です!

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題!

 

家族でアニメ・映画・ドラマなどの違うジャンルの作品を視聴したい時などに別の端末を同時に使用したとしても、データの負荷で再生が遅い心配もありません。

また、動画再生を中断後も自動で途中から再生が始まるので続きから即見ることが出来ます。

ダウンロードもできるので、4人がバラバラに視聴したい時にも便利な動画配信サービスです。

31日間無料お試しはこちら

 

 

まとめ

 

天才子役の芦田愛菜さんは2011年2時間ドラマ「この世界の片隅に」戦災孤児として出演していました。

 

「この世界の片隅に」出演した芦田愛菜さんは、ほんのちょい役だったので制作側に対して批判が集まっています。

 

「この世界の片隅に」過去に放映された2時間ドラマはミスキャストだらけ

 

「この世界の片隅に」戦災孤児を通してのメッセージが一つのテーマです。

 

「この世界の片隅に」のドラマやアニメはHuLuU-NEXTを利用すれば無料で見ることが出来る。

 

関連記事はこちら

この世界の片隅に音楽担当久石譲でドラマの完成度赤信号?の謎に迫る

この世界の片隅にコトリンゴ絶妙なオープニング曲で伝えたいことは?

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です