中学聖日記ネタバレ最終回ドラマは原作未完気にせず独自の結論か?





「中学聖日記」は中学3年生の美少年と、25歳の担任女教師の純情ラブストーリー。

 

TBS系列で10月より放映されますが、早くも最終回が注目されています。

 

原作は連載中ですので、ドラマの結末は原作と食い違うことも考えられます。

 

「中学聖日記」ドラマの最終回と禁断の愛について検証してみました。

 

中学聖日記のドラマ禁断の愛の背景

 

中学聖日記のドラマ禁断の愛は議論の的

 

TBSで放送される10月スタートのドラマで、「中学聖日記」の放送が決定しました。

「中学聖日記」の原作は、女性向けマンガ誌『FEEL YOUNG』に人気連載中の同名漫画です。

 

作者はフランス在住の漫画家かわかみじゅんこ氏で、連載中であるので最終回の結末が議論の的になっています。

 

また「中学聖日記」の内容は、中学生男子とその女性教師の禁断の愛を描いているので、これも何かと議論の的です。

 

「リアルだったら完全に犯罪」「女性が年上なら純愛になるのか?」など問題視する意見も上がっています。

 

中学聖日記禁断の愛の内面に潜む表現が見事

 

「中学聖日記」は、まだ恋も知らない14歳の中学生が、25歳の担任に恋をしてしまうところから始まります。

 

ドラマでは中学生である黒岩晶を新人の岡田健史さんが演じます。

主人公の末永聖は有村架純さんが演じ中学生の教師という設定です。

 

岡田健史さんについてはこちらに掲載していますので是非ご覧ください。

⇓ ⇓ ⇓

中学聖日記のドラマに岡田健史大抜擢で俳優デビューは期待度大の証拠

 

中学生である黒岩晶が担任に恋をしてしまうといっても、本人はその気持ちの持ちようが分かりません。

 

自分の中で恋愛感情というものなのか理解できずに、ただモヤモヤとする気持ちを持て余していました。

 

教師と生徒の禁断の恋物語として描かれている作品ですが、二人の内面の描写は見事なまでに繊細に表現されています。

自分自身の気持ちを持て余してしまう晶と、晶に好意を抱いていてもはっきりと気持ちを示せない聖がいます。

禁断というだけで片づけられない恋物語に、心動かされると同時に切ない気分にさせられます。

 

中学聖日記のドラマネタバレ最終回の結末

 

中学聖日記のドラマ結末不明は原作未完が原因

 

町田啓太さんが演じる河合勝太郎という役は、エリート商社マンで主人公の婚約者です。

河合勝太郎は末永聖の大学時代からの恋人で婚約者でもあり、現在は大阪に赴任しています。

 

河合勝太郎は、明るくバイタリティーあふれバリバリ仕事をこなすエリートです。

 

そんなエリートが、婚約者をなんと中学生にとられそうになり挫折していく様を町田啓太さんは演じるのです。

 

最終的に末永聖と河合勝太郎は結ばれるのか?連載が完結していないの結論は出ていません。

末永聖と河合勝太郎の二人の仲は終わったかのような展開に一旦はなるのです。

ところがひょんなことから、2年ぶりに再会を果たします。

 

勝太郎は、聖に今でも未練があるようなのですが、聖は元の聖ではありません。

 

再会を果たすも、最終的にドラマではどう描かれるのか原作が完結していないので不明ではあります。

どんな結末を迎えるのか、先行きが分からないので、楽しみでもあり興味は尽きません。

 

中学聖日記のドラマ結末予想

 

結末は末永聖がエリート商社マンと決別して、成長した黒岩晶にどんどん惹かれていく。

末永聖が最終的に黒岩晶と歩んで行きそうな雰囲気となってドラマが完結するのでは?

私が思い描く勝手なストーリーの予想ですが、どっちつかずの流れだったらすっきりしないですよね?

 

だからドラマを見ている人に、何らかの方向付けを示してあげないといけないと思うんです。

 

末永聖が元婚約者と元のさやに納まったら面白くありませんよね?

 

勝ち組のエリートサラリーマンでも、自分の思う通りに事は進まないこともある。

 

ストーリー的にはそちらの方が面白いと思うのは私だけでしょうか?

但し、ゴールデンタイムというべき時間の放送でもあるので、「禁断の愛」はいけないことである。

という理由で、ドラマ「中学聖日記」の結末は聖が婚約者のエリートサラリーマンとゴールインする。

 

私から見ればつまらない流れですが、道徳の授業を受けているような結末も考えられます。

 

中学聖日記のドラマが扱うテーマの難しさ

 

中学聖日記が描く恋の正体

 

「中学聖日記」はフィクションですが、リアルで同じようなことが起こった場合はどうでしょうか?

 

中学生の男子が、担任の女教師に恋心を抱くとしたら、彼女のどこに惹かれたからでしょうか?

恋の経験も殆どない中学生のことなので、多分、本人自身もよく分かっていないのではないかと思います。

 

理由はよく分からないけど、人を好きになってしまうのが恋というものかもしれません。

好きな人に対して、頭では分かっていても、コントロールできない自分がいるのです。

 

恋というのは、理屈ではなく本能がなせるもので、自然と体が反応してしまうものだと思います。

 

好きな人を前にすると、どきどきするのは、本能が関係して自然と反応するのです。

恋とは理屈を超越した世界なのかもしれません。

 

中学聖日記のドラマ最終回に注目

 

「中学聖日記」は中学生の男子と女教師の禁断の愛がテーマですが、非常にデリケートな題材です。

 

描き方次第では炎上騒ぎが起こらないとも限りません。

また、ドラマ「中学聖日記」の結末がどうなるのかは分からないところが味噌なんです。

 

ただ、原作の連載が終わっていないので、一方的な結論づけはしないかもしれません。

もっとも原作=ドラマにこだわる必要もないのかもしれませんが……………。

 

いろいろな意味で「中学聖日記」の最終回は見ものではあります。

 

まとめ

 

「中学聖日記」のドラマはTBS系列で10月から火曜日午後10時より放映されます。

 

「中学聖日記」ドラマの原作は、女性向けマンガ誌『FEEL YOUNG』に人気連載中の同名漫画です。

 

「中学聖日記」の内容は、中学生男子とその女性教師の禁断の愛を描いています。

 

「中学聖日記」の内容はドラマ化するのは問題ありと議論の的になっています。

 

「中学聖日記」のドラマは原作が未完のため、最終回の結末に注目が集まっています。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください