バレンタインチョコ義理で職場に配る際の注意点





もうすぐバレンタインデーがやってきますね。

 

バレンタインにつきものの職場での義理チョコに悩む時期です。

 

義理でも贈るべきか否か?

 

昨今の義理チョコ事情について調べて見ました。

バレンタインチョコ義理について

 

バレンタインチョコ義理は負担になる?

 

2月14日はバレンタインデー、職場では義理チョコを渡す風景があちこちの会社で見られそうです。

 

でも最近では、義理チョコを廃止する会社も出始めて、これから少しづつバレンタインデーの風景も変わってくるかも知れません。

義理チョコを貰ったら嬉しいのか?と言う問に対して、半数近くの人はお返しのことを考えなければいけないので面倒と思っているそうです。

 

でも、バレンタインデーなのに全くチョコレートを全くもらえないとなると案外寂しいものです。

 

義理チョコをもらうのは面倒とは言っても、3つか4つ程度でしたらそれほど負担にならないからOKだと言う人は多いようです。

 

3つか4つ程度だったらOKといっても高価な義理チョコはNGです。

 

バレンタインチョコ義理は高価なもの必要なし

 

義理チョコをもらった場合、もらったもの以上の高価なものを返すようにしている人が多いので金銭的な負担になってしまいます。

 

またある特定の人だけ高価な義理チョコを貰ってしまうと、勘違いする人もいます。

 

 

あの人はひょっとして私に好意を抱いているのかな?

 

勘違いされないように高価な義理チョコはやめましょう。

 

高くても同僚なら1,000円までとして下さい。

 

500円ぐらいでも全然問題ありません。

 

 

上司の場合はケースバイケースで対応しましょう。

 

バレンタインチョコ義理のマナー

 

職場で義理チョコを渡す時のマナーは、あくまで日頃お世話になっている職場の男性に感謝の意を込めて贈ることが大前提です。

 

会社の仲間としての交流を深める手段に過ぎないと考え、一斉に渡すのがマナーと考えましょう。

 

当然、一人ずつ違うものを渡すのはマナー違反ですからNGです。

 

また、一人だけで男性社員にチョコを渡してしまうのもNGです。

 

抜け駆けと誤解され、あなたの職場での立場が危うくなります。

義理チョコについては先輩の女性社員に相談して、同じ職場の女子たち全員でお金を出し合しあうことできればそれが理想です。

 

バレンタインデーアプローチ失敗しないために

 

バレンタインデー第三者に依頼する場合

 

バレンタインデーは好意を持っている人に女性からそれとなくアプローチしやすい日でもあります。

 

同じ会社の人であっても、部署が違うため話をしたことが無いけど気になっている人にそれとなく告白しやすい日です。

 

自分から直に好意を持っている人にチョコレートを渡す勇気がない人は第3者に介入お願いしましょう。

 

その場合は、第三者に自分の部署と名前を正確に伝えるようお願いする事が必要です。

 

バレンタインデーで起きた悲劇

 

こんな話が実際起きています。

 

同じ会社で部署が違うためAさんはYさんと話したことがありませんが好意を抱いています。

Aさんは告白すべくBさんへYさんにチョコと電話番号の入ったメモを渡すよう頼みました。

 

BさんはYさんへAさんからですといってチョコとメモを渡しました。

 

YさんはAさんからチョコとメモを受け取りましたが、Aさんと同じ名字の別部署のAさんからだと勘違いしてしまいました。

 

Yさんは別部署のAさんとは話したことがあるけど、話したことがないAさんからだとは思いもよりませんでした。

 

Yさんは実は話したことがないAさんに好意を持っていましたが、別のAさんだと思い込みメモに書いてあった電話に断りを入れました。

 

こんな悲劇が実際起こっています。

 

BさんがきちんとYさんに伝えれば人生変わったかもしれませんね。

 

バレンタインデー義理チョコに向かないブランド

 

ゴディバのバレンタインチョコレート

 

バレンタインチョコの定番ともいえる、「ゴディバ」のチョコレートは、義理チョコには向いていません。

 

皆さんご存じだと思いますが、「ゴディバ」のチョコレートは高額だからです。

 

チョコレートのブランドに詳しくない男性でも「ゴディバ」を知らない人はあまりいないかもしれません。

 

一粒300円もするチョコレートなんてびっくりですが、値段が高いだけあってとても美味しいです。

 

ゴディバはショップの数が多く購入しやすいので、チョコレート選びに迷ったときには「ゴディバ」を買う人も多いようです。

 

 

そしてなんと言っても知名度が抜群です。

 

ゴディバのチョコレートは本命の人、特にいつもお世話になっている人に贈りましょう。

 

ヴィタメールのバレンタインチョコレート

 

ヴィタメールはベルギー王室の御用達として知られています。

 

ゴディバもベルギーですが、ゴディバ同様ヴィタメールも高級感漂うブランドです。

 

上品で濃厚な味わいに加えてパッケージが宝石箱のようです。

 

ゴディバに比べてヴィタメールは購入場所が限定されており主に百貨店で販売されています。

 

ヴィタメールも義理チョコには向いていないので特別な人限定で贈りましょう。

 

まとめ

 

職場での義理チョコは高額のものは避けましょう。

 

とりあえず義理でも貰えば男性は嬉しいので職場の仲間と相談してみんなで贈りましょう。

 

第三者を利用して本命に贈る際の注意点として自分の名前と部署は正確に伝わるようにしましょう。

 

ゴディバやヴィタメールは高級品なので義理チョコには向いていません。

 

いつもお世話になっている人や本命に贈りましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です